ゲッターズ飯田さん☆家の中の場所別☆☆☆開運ポイントまとめ

先日の記事から引き続いています。

今日は、家の中の場所(リビングダイニング、キッチン、トイレ、玄関などなど)の片づけのポイントと開運にはどうしたらよいか?

について、数か月前の雑誌の特集を自分なりにまとめています。

今後片づけていく中で参考にする予定です。信じなくていいと思うけど、良いことも言ってますね。

1 リビングダイニング

家族みんなが各部屋から持ち込んだものでごちゃつきやすい場所。ものが散乱すると気の流れが滞り気持ちも沈む。

西側にものが集中すると湿気が抜けないので避ける。

目につくところにあるものをもとの場所に戻すことから始めましょう。

部屋をすっきりさせると快適に過ごせるようになります。

それから南側に窓がないのは風水的にはNG。間取りを変えられないなら大型の家具や家電の配置を変えて方向を味方につける工夫が必要です。

2 キッチン

2017年のパワースポット!念入りに手入れすると家庭運が上昇するとのこと!

風水ではキッチンは女性を表すとのこと。

キッチンが片付いていないとお母さんの運気が下がり、それにつられて家族全員の運気も下がることになる。

2017年はキッチンが家の中で一番のパワースポットになるので気合をいれてきれいにしよう!

また「グルメの年」でもあるので、新しい食器やツールをそろえるのが吉とのこと。

ラッキーアイテムは一輪挿し。花を飾ってみてはいかが。

3 洗面所・トイレ

健康に影響する場所。いつも清潔にして暖かい雰囲気を心がけて!

風水的には健康を守る場所と言われているそう。水回りの場所に気を遣えないのは自分の体にも気を遣えないということ。

清潔さを保って健やかな生活を送るようにしよう。

洗面所は水はねのチェックを習慣にすると運気がアップ!

トイレは殺風景ではなく暖かい雰囲気づくりをするとよい。とのことです。

4 玄関

夫や仕事運を表す玄関。明るく暖かい雰囲気で幸運を招き入れて!

人もう運も出入りする玄関は風水的にも重要な場所。ここが汚れて雑然としてくると人間関係や夫の仕事に支障が出てくる可能性がある。

玄関の掃除は夫にやってもらうのも吉。

また、光の代わりとなる鏡があるとベスト。玄関マットを敷くと、外からの悪い運気を追い払うことができます。

それから、オープン収納は×。仕事運や金運を下げることになります。

男性とのかかわりが強い場所なので、雑然とした状態だと夫の仕事にも悪影響が!

5 こども部屋

方角を意識した部屋作りが子供の成長に◎!

子供部屋は西もしくは東にあると吉。西は記憶を定着させるのに適した方位とされている。ので、勉強机は西向きにおくと成績向上につながる。

対して東は勢いのある方位とされて、これから心身ともに伸びていく子供や、まだまだ成長したい人などは、東側の部屋で過ごすと大きくステップアップする。

普段からスッキリ整えるとよい気が流れ、メンタルも安定。

女の子は南西の方向をきれいにすることを心がけると、本人はもちろん、お母さんの体調にも良い影響があるとのこと。

6 寝室

疲れを取り、運をチャージする神聖な場所。雑な扱いは避ける!

心地よく眠るための空間づくりに最大限の努力をしましょう。

「陽」のパワーの強い鏡などは置かない方がぐっすり眠れます。俗に縁起が悪いといわれる北枕は逆に風水的にはよいというのが「定説」。地球の磁気の流れが北極から南極に向かっているので、北枕だと頭から足に地磁気が流れる向きとなり、血液や気の流れとそろう。

そのため疲れが取れやすくエネルギーに満ちて元気に過ごせるようになる。

7 まとめ

私が真似よう、というかへぇ と思ったところは太線にしてみました。

玄関には鏡を、キッチンには一輪挿しでもおこうかなと思っています(笑)

ちょっと違った角度から断捨離を考えてみるのも楽しいですよね。

良かったら参考にしてくださいね。

では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする